メスティンのシーズニングやバリ取りのやり方を解説します!

今回は、メスティンのシーズニングを行う目的や、やり方をわかりやすく解説いたします。

新しくメスティンを購入したけど、シーズニングの必要はあるの?

シーズニングはどうやってやるの?

そんな疑問を解決できるよう、わかりやすく解説いたしますので、是非参考にしてください。

シーズニングとは?

シーズニング(seasoning)とは「慣らす」という意味で、ダッチオーブンやスキレット等の鉄製の鍋を使い始める際に行う作業です。

シーズニングの目的は大きく2つ挙げられます。

1つ目は「表面に皮膜を作って、焦げ付きを防ぐこと」です。

メスティンはアルミ(無垢)という素材で作られており、表面にはなんの加工もされていません。

そのまま使用すると、アルミが酸化することで黒色に変色したり、表面の細かな凹凸に焦げがついてしまいます。

それを防ぐために表面に皮膜をつくり、メスティンを長持ちさせます。

メスティンの場合は、お米のとぎ汁で煮たり、くず野菜を炒めることによって、アルミの表面に皮膜を作ります。

2つ目は「アルミ臭を取り除くため」です。

購入したばかりのメスティンはアルミ臭のような金属の臭いがします。

シーズニングで薄い皮膜をつけることで、その臭いを防ぐ効果があると言われています。

シーズニングはメスティンを長く大切に使っていくために重要な作業となっています。

メスティンにシーズニングは必要?

結論から述べると、メスティンにシーズニングは行った方が良いです。

必ずしも必要な訳ではありませんが、焦げ付きを防いだり、アルミ臭を気にせず使用したい方はシーズニングをおすすめします。

上記の画像は、シーズニングを行わずにご飯を炊いたものですが、焦げ付きが酷く、焦げを落とすのに一苦労でした。

最初にシーズニングを行っておけば、メスティンを洗う手間も軽減することができます。

メスティンのシーズニングの方法

それではメスティンのシーズニングの方法を詳しく解説していきます。

大きく3つのステップで、30分もかからず簡単にできるので、ぜひ皆さんも実践してみて下さい。

①米のとぎ汁を用意する

まずは、お米のとぎ汁を用意しましょう。

メスティンでの炊飯に挑戦する際に、お米のとぎ汁を捨てずにシーズニングに利用することをおすすめします。

量としては、鍋に入れた際にメスティン全体が浸かる程度を目安にしてください。

②メスティンを10〜15分煮る

お米のとぎ汁を鍋に入れて、メスティンを浸したら、弱火で火にかけます。

とぎ汁が沸騰し始めたら、そこから10〜15分程度そのまま煮込みます。

煮込み終わった後のメスティンがこちら。

お米のデンプン質がうっすらとメスティン表面を覆っています。

③スポンジを使ってヌメリをとる

柔らかいスポンジを使って、メスティン表面のヌメリを優しく落としていきます。

せっかく作った皮膜を壊す恐れがあるため、洗剤は使用しないでください

また、金たわし等を使用すると、メスティンの表面に細かな傷が付き、焦げ付きの原因となるため柔らかいスポンジを使用してください

以上で、メスティンのシーズニングは終了です!

バリ取りの方法

次にバリ取りの方法を紹介いたします。

バリ取りも非常に簡単で、やすりでメスティンのフチを磨くだけです。

用意するものはスポンジやすりのみです。

今回は目の粗さが#240番のものと#320番の2種類を用意しました。

やすりは番号が大きいほど目が細かくなるので、目の粗いもので削ってから、細かいもので磨いて仕上げます。

メスティンのフチをなぞるように研磨していきます。

紙やすりではなく、スポンジやすりを選んだ理由は、下記の写真のようにフチを包み込みながら研磨することができ、角を綺麗にとってくれるからです。

紙やすりよりも簡単で綺麗にでき、手を切るリスクも低いため、スポンジやすりをおすすめします

あとはザラつく場所がないか、手で確認しながら磨いていきましょう。

バリ取り前後を比較したものがこちらです。

画像ではわかりづらいかもしれませんが、バリが綺麗に取れており、触った時にすべすべしています。

思わず、ずっと触っていたくなるほど綺麗に研ぐことができます。

手を切る心配もなくなり、蓋の開閉もスムーズになるため非常におすすめです!

是非バリ取りに挑戦してみたください!

メスティンを長く使おう!

以上、今回はメスティンのシーズニングと、バリ取りの方法を紹介いたしました。

どちらもめんどくさく感じる方も多いと思いますが、非常に簡単で、メスティンを長く大切に使用していく上で重要な要素となりますので、この機会に是非挑戦してみてください。

使用するメスティンへの愛着がさらに深まること間違いなしです。

メスティンは驚くほど手軽に美味しい料理ができますので、皆さんもメスティンの魅力を存分に味わってください!

!– START MoshimoAffiliateEasyLink –>

【必見!!】焦げ・こびり付きゼロ!シーズニングのいらないメスティンを製作中!

現在、メスティンに最新のテフロン加工を施した、焦げ付き・こびり付きが無いメスティンの製作を行っています。

従来のテフロン加工の問題点としては、加工の熱で「メスティンの強度が低下する」という問題を抱えていました。

実際にテフロン加工を行うと、本体がパコパコと凹んでしまうという状態になってしまいます。

そこで、最新のテフロン加工技術を取り入れ、「強度を保ったまま、焦げ・こびり付きの無いメスティン」の製作を実現いたしました!

その効果の程は下記の動画をご覧ください!!!

強度は通常のメスティンと変わらず、焦げ・こびり付きはテフロンの機能性を備えた夢のようなメスティンです!

目玉焼きもこびりつくことなく、スルスルと表面を滑ります!

現在製品化に向けて動いておりますので、興味のある方は是非ご覧になってください↓↓↓

合わせて読みたい!

今回は従来のテフロン加工メスティンの弱点であった「本体の強度が脆くなる」という問題を解決した最強のメスティンを製作した情報を紹介いたします。 「メスティンの焦げ付きにいつも悩まされている…」 「焦げ付かないメスティンを探してい[…]

合わせて読みたい!

今回はテフロン加工、フッ素加工、スリップ加工を施したメスティン 3種類を用意し、その効果を徹底比較&検証いたします。 合わせて、それぞれの加工のメリット・デメリットも紹介いたします。 「メスティンの焦げ付きで悩んでいる[…]

合わせて読みたい!

今回は、100円均一ショップで知られるDAISO(ダイソー)で話題の商品「メスティン」を購入したので、その機能性をレビューいたします。 通常のメスティンであれば1500円以上の価格の物がほとんどですが、このメスティンは500円という[…]

合わせて読みたい!

万能の調理器具として高い人気を誇っているメスティン。 そんなメスティンを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか? メスティンで最も有名なブランドといえば「trangia(トランギア)」が一番に挙げられます。 […]

合わせて読みたい!

メスティンは煮る、焼く、蒸す、炊くを1つでこなせる万能クッカーとして、近年非常に高い人気を誇っています。 中でも、Trangia(トランギア )のメスティンは圧倒的な人気を誇っており、品薄で入手しづらい状況が続いています。 今[…]

合わせて読みたい!

今回はTrangiaメスティンとMilicampのメスティンを徹底的に比較しました! 万能のクッカーとして非常に人気が高まっているメスティンですが、最も有名なメーカーであるtrangiaの製品が手に入らないという問題が発生しています[…]

合わせて読みたい!

今回はメスティンの焦げ付き防止に効果があると言われているフッ素コートスプレーの「フッ素革命11 light」を実際に使用し、その効果を徹底検証したいと思います。 「メスティンの焦げ付きに悩んでいる…」 「フッ素革命11はどのく[…]

合わせて読みたい!

今回はメスティンの鏡面加工DIYに挑戦してみたので、その方法や加工の様子を紹介いたします。 鏡面加工を施すことで、通常のメスティンよりも高級感を漂わせることができます。 また、自分で加工を施すことで、メスティンへの愛情[…]