【必見!】DAISO(ダイソー)のメスティンは使えるのか!?実際に検証してみた!

今回は、100円均一ショップで知られるDAISO(ダイソー)で話題の商品「メスティン」を購入したので、その機能性をレビューいたします。

通常のメスティンであれば1500円以上の価格の物がほとんどですが、このメスティンは500円という格安で購入することが出来ます。

安物だから使えないんじゃないの?

そんな風にお考えの方は是非今回の記事を参考にしてください!

メスティンとは?人気の理由は?

まずはじめにメスティンとは何かを解説いたします。

メスティンとはウィキペディアによると…

英語ではMesstin(メスティン、食事+缶の意味)。本来は兵士が野戦等の際に食料を入れて携行したり、食事の配給を受け取るのに用いる食器というのが主な用途であり、非常時には調理器具やバケツなどとしても用いられた。

wikipedia

日本でいう飯盒(ハンゴウ)の英語呼びなわけで、その総称をメスティンと呼びます。

なぜメスティンはこんなにも人気なのでしょうか?

その理由は燒く、煮る、炊く、燻すなど幅広い調理方法が可能なだけでなく、しっかりと美味しい料理を作ることができるからです。

さらにメスティンは取手を折りたたんでコンパクトにすることができ、中に調理器具などを収納できるという収納性の観点からも人気となっています。

メスティンは鉄と比較して、熱伝導率が3倍優れているアルミで作られており、火にかけている部分だけでなく、全体から熱を加えることができます。

また、蓋が深いため気密性が高いという特徴もあり、美味しい料理ができると言われています。

携帯性良し、収納性良し、使い勝手よしと人気になるのもうなずける性能を持った万能のクッカーなのです。

ダイソーのメスティンは使えるのか?購入レビュー!

それでは、DAISO(ダイソー)の500円メスティンを詳しくレビューいたします。

真上からみた外観がこちらで、Trangiaのメスティンと比較すると、丸みが強い印象を受けます。

真横から見るとこのような形状をしています。

ピカピカの光沢のあるアルミではなく、艶のないマットな質感に仕上がっています。

細かな傷なども無く、しっかりとした品質で作られています。

大きさや重量、容量

実際に大きさを測定したところ、上記の画像の通りとなりました。

Trangiaのメスティンと比較した様子が下記の画像の通りです。

画像から、DAISO(ダイソー)のメスティンはTrangiaよりも一回り小さいことがわかります。

高さに関してもDAISOメスティンが1.0cm程度低いことがわかりました。

重量は123gと非常に軽量で、ほとんど重さを感じないほど携帯性能に優れています。

水を満杯に入れて計測した容量は500ml前後でした。

こちらのメスティンはご飯1合用となっており、それより多い量のお米を炊くことは出来ません。

一人ようにはぴったりのサイズです。

ハンドルの安定性

本体に取手を固定する台は3点のリベットによって固定されており、力をかけても、ぐらつき等は全くありませんでした。

また、矢印のように横向きに力を加えても、ハンドルはしっかり固定されており、動くことはありません。

取手のゴムのグリップ力も問題ありませんでした。

バリ取りは必要?

今回この商品を購入して驚いたのが、「バリ取りの必要がない」という点です。

画像をみてわかるように、非常に綺麗に研磨されており、指でなぞってもざらつき等はありませんでした。

この点に関してはTrangiaやMillicampのメスティンよりも優れています。

購入してすぐに安心して使い出すことが出来ます。

シーズニングは必要?

使用前のシーズニングは行うことをおすすめします

メスティンのシーズニングはアルミ臭や焦げ付きを防ぐために行います。

アルミ臭は特に気にならなかったのですが、無垢のアルミは焦げが付きやすいです。

シーズニングを行わないで燻製や料理に使用すると上記の画像のように焦げてしまうことがあります。

長く、綺麗に使っていきたいという方は、使用前にシーズニングをしっかりとしておくことをおすすめいたします。

シーズニングは米のとぎ汁で30分ほど煮るだけでできるので、是非挑戦してみてください!

シーズニングのやり方について詳しく解説した記事は下記をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

今回は、メスティンのシーズニングを行う目的や、やり方をわかりやすく解説いたします。 「新しくメスティンを購入したけど、シーズニングの必要はあるの?」 「シーズニングはどうやってやるの?」 そんな疑問を解決できるよう、わか[…]

密封性は?

メスティンの下から覗くと、蓋と本体の間にわずかに隙間があることがわかります。

他のメーカーのメスティンと比べると、やや蓋が緩い印象を受けました。

実際に炊飯を行って見ると、蓋が持ち上がって、若干の吹きこぼれがありました。

容量が小さいため、吹きこぼれは仕方ないのかもしれませんが、気密性という点に関しては、他のメスティンと比較すると低いと言えます。

ダイソーのメスティンで自動炊飯をしてみた!

それでは次に、DAISO(ダイソー)のメスティンでご飯を炊いてみました。

今回は、固形燃料を使用した自動炊飯を行いました。

自動炊飯のやり方としては、お米一合と水200mlをメスティンに入れます。

30〜60分程放置して、お米に水を吸わせます。

後は固形燃料をセットして火を付けて放置するだけです。

約20分程で火が消えるので、その後メスティンをひっくり返し、タオルに包んで15分間蒸します。

15分蒸して蓋を開けたら完成!!

焦げることもなく、ほかほかのご飯がたけました!

炊き上がりは1合で満杯になるので、それ以上の量は炊くことが出来ません。

食べた感想は、芯が残っていることもなく、とても美味しくご飯が炊けました!

メスティンの自動炊飯について詳しく紹介した記事は下記をご覧ください↓↓↓

合わせて読みたい!

今回はメスティンでご飯を炊く際におすすめの方法「自動炊飯」を紹介いたします。 誰でも簡単に失敗することなくメスティンでご飯を炊くことができる方法なのでぜひ覚えておいてください! 自動炊飯をマスターすれば、キャンプなどのアウトド[…]

ダイソーのメスティンはTraigaメスティンにすっぽり収納可能!

DAISO(ダイソーメスティン)を使用することの大きなメリットが「通常サイズのメスティンにすっぽりと収まる」ということです。

これによって、メスティン2個をかさばることなく、1つにまとめて持ち運ぶことができるのです。

中に入れたまま、蓋をしっかりと閉めることも出来ます。

メスティンを2個持つと、キャンプで作れる料理の幅が広がります。

ダイソーメスティンをご飯用にしてしまえば、もう一つのメスティンでおかずやスープを作ることができるのです。

メスティンを2つ購入しようと考えていた方は、同じサイズの物を2つ買うよりも、このダイソーメスティンの方が収納性が高く、携帯しやすいので非常におすすめです。

500円と格安なので、とても気軽に買えるのも嬉しいポイントです。

【まとめ】ダイソーメスティンは500円で最高に使い勝手が良い!

以上、今回はDAISO(ダイソー)の500円メスティンを実際に購入し、その使用した感想を紹介しました。

DAISO(ダイソー)メスティンの評価としては「500円でも非常に品質が高く、サイズが一回り小さいことによって、使い勝手が最高に良い」となりました。

通常サイズのメスティンと合わせて使用すると、とても使い勝手が良く、キャンプ料理の幅も広がります。

メスティンを初めて買う人も、既に1個持っている人も、買って損は無いアイテムですので購入をおすすめします。

人気で売り切れの可能性が高いため、在庫を発見した場合は悩まずにすぐ購入しましょう!

DAISO(ダイソー)メスティンの購入を考えている人は、今回の記事を参考に是非購入を検討してみてください!

感動するほど焦げ付きにくい!「スリップメスティン」の販売を開始しました!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スリップメスティンタイトル.jpg

もう、メスティンの焦げ付きには悩まない!

焦げ付きにくく料理も洗い物もスマートにこなせる高機能メスティン「スリップメスティン」の販売が、応援購入サービスMakuakeにて開始されました。

焦げ付かないので料理もキレイに作れる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: シーケンス-01.00_00_25_04.静止画004-1024x576.jpg

おこげも余さず食べられる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 055-1024x681.jpg

汚れもサッと落ちるから洗い物が楽チン

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 029-1024x681.jpg

水洗いの出来ないフィールドではウェットティッシュで簡易清掃が便利

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3165-1024x768.jpg

メスティンの焦げ付きにお悩みの方には非常におすすめの商品となっています。

ご購入を希望の方は下記のURLからよろしくお願いいたします。

↓↓↓

https://www.makuake.com/project/8a_garage/

合わせて読みたい!

今回はテフロン加工、フッ素加工、スリップ加工を施したメスティン 3種類を用意し、その効果を徹底比較&検証いたします。 合わせて、それぞれの加工のメリット・デメリットも紹介いたします。 「メスティンの焦げ付きで悩んでいる[…]

合わせて読みたい!

メスティンは煮る、焼く、蒸す、炊くを1つでこなせる万能クッカーとして、近年非常に高い人気を誇っています。 中でも、Trangia(トランギア )のメスティンは圧倒的な人気を誇っており、品薄で入手しづらい状況が続いています。 今[…]

合わせて読みたい!

今回は、メスティンのシーズニングを行う目的や、やり方をわかりやすく解説いたします。 「新しくメスティンを購入したけど、シーズニングの必要はあるの?」 「シーズニングはどうやってやるの?」 そんな疑問を解決できるよう、わか[…]

合わせて読みたい!

今回はTrangiaメスティンとMilicampのメスティンを徹底的に比較しました! 万能のクッカーとして非常に人気が高まっているメスティンですが、最も有名なメーカーであるtrangiaの製品が手に入らないという問題が発生しています[…]

合わせて読みたい!

万能の調理器具として高い人気を誇っているメスティン。 そんなメスティンを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか? メスティンで最も有名なブランドといえば「trangia(トランギア)」が一番に挙げられます。 […]

合わせて読みたい!

今回はメスティンの焦げ付き防止に効果があると言われているフッ素コートスプレーの「フッ素革命11 light」を実際に使用し、その効果を徹底検証したいと思います。 「メスティンの焦げ付きに悩んでいる…」 「フッ素革命11はどのく[…]

合わせて読みたい!

今回はメスティンの鏡面加工DIYに挑戦してみたので、その方法や加工の様子を紹介いたします。 鏡面加工を施すことで、通常のメスティンよりも高級感を漂わせることができます。 また、自分で加工を施すことで、メスティンへの愛情[…]