ハチェットとは小型の斧!!キャンプで使えるハチェット10選!

キャンプ用にハチェットを買いたいけど何を選んだら良いかわからない…

キャンプに向いているハチェットを比較して選びたい

今回の記事はそんな悩みを持つ方々のために、キャンプで使うハチェットに限定して10種類おすすめのアイテムを選びました。

あわせてハチェットの選び方や基礎知識をご紹介いたします。

自身のキャンプスタイルにぴったりなハチェット選びにぜひお役立てください。

ハチェットとは?

ハチェット(hatchet)とは短い柄のついた小型の斧のことを指します。

キャンプにおいては、大きな薪を割ったり、枝を払ったりと非常に便利なアイテムです。

便利なだけでなく、ハチェットを使用するだけでもキャンプサイトを一段とカッコよく演出することもでき、上級者キャンパーには欠かせないアイテムとなっています。

ハチェットとアックス(斧)の違いは?

ハチェットもアックスも大きなくくりでは斧と呼ばれていますが、ハチェットは柄が短く、主に大きな薪を繊維に沿って細かく割るためや、細い枝を払ったりするために使用されます。

一方、アックスは柄が長く、刃の重量も重いため木の繊維を横方向に切断することができ、主に木を切り倒したり、薪を切り出したりするために使用されます。

ハチェットはアックスと比較して威力は劣るものの、小型で携帯性が高く、扱いやすいというメリットを持っているため、キャンプサイト周辺での作業に適しています。

キャンプに適したハチェットとは?

次にキャンプで使用するのに適したハチェットの条件を紹介いたします。

ハチェットといえども、大きさや重量などアイテムによって多くの種類があります。

その中でも携帯性や、キャンプで使用する用途を考慮に入れた場合、下記の条件をもったハチェットが適しています。

・全長は20〜40cm程度

・重量は500〜800g程度

このような条件を満たしていればキャンプに持参するにあたって適したハチェットといえます。

これ以上大きな斧を選ぶと、持ち運びが不便であったり、細かな作業に向いていないなどデメリットが発生してきますので注意してください。

ハチェットの選び方

次に、キャンプに適したハチェットの中から、何を考慮に入れて選べば良いかを紹介いたします。

どのハチェットを購入すべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

割る薪の大きさや量

ハチェット選びの一つの基準が「割る薪の大きさや量」です。

全長が短く、重量が軽いハチェットは細い枝や薪を割るのには適していますが、大きな薪や大量の薪を割るのには適していません。

一方、全長が長くて重量のあるものは大きな薪を割るのには適していますが、携帯したり、細かな作業には向いていません。

このように、自信が割る薪の量や大きさを考慮に入れて適したハチェットの形状を選びましょう。

使用目的に応じて選ぶ

使用目的に応じて選ぶ」ことも大切なハチェット選びの基準となります。

例えば、森から細い木を切って、薪を作りたい方は全長40cm、重量800g程度のハチェットの中でも大きめのアイテムを選ぶことをおすすめします。

また、すでにある薪を細かくしたり、小枝を切り払ったりと細かな作業に使用したい方は全長20cm、重量500g程度の小さなアイテムを選ぶことをおすすめします。

キャンプ中、腰に携帯しながら使用したい人は携帯性を重要視してなるべく小さくて軽量なアイテムを、薪割りのしやすさを重要視するなら大きくて重量のあるアイテムがおすすめです。

このように使用目的やスタイルに応じて自身にあったハチェットを選びましょう。

価格

価格という視点から選ぶこともできます。

一口にハチェットと言っても2000円前半から2万円程度までと価格帯は幅広いです。

ハチェットを初めて購入する方や、使い勝手を知りたい方は、まずは価格が安いものを購入することをおすすめします。

一度使用した上で、さらに自分のキャンプスタイルにあったハチェットの条件を見つけ出すことが、ベストなアイテム選びのコツです。

キャンプで使えるおすすめのハチェット10選

記事冒頭で記述した、キャンプに適したハチェットの条件を満たしたアイテム10種類を選んでまとめました。

ハチェットの選び方を参考に、自身にぴったりのアイテム選びにお役立てください。

ハスクバーナ 手斧

アマゾンでベストセラーになるほど人気のハチェットがハスクバーナの手斧です。

刃には高品質スウェーデン製の鋼を使用し、強靭さと鋭利さを併せ持っています。

柄には衝撃に対する耐久性の高いヒッコリーを使用し、緩やかなカーブを加えることで非常に持ちやすいデザインになっています。

全長38cm、皮のカバー付きで持ち運びやすく、キャンプにはぴったりのハチェットです。

 

全長 38cm
重量 600g


ハルタホース オーゲルファン ミニ ハチェット

出典:IIZUKA COMPANY LIMITED

ハルタホースの最小モデルで携帯性が高く、ウエストベルトに挟んで携帯することもできます。

携帯性を重要視している方にはおすすめのアイテムです。

薪を割ったり、シェルターを作ったりとキャンプサイト周辺で行う作業に適しています。

全長 23.5cm
重量 775g

ハルタホース フルトンハチェット

出典:IIZUKA COMPANY LIMITED

フルトンハチェットは先ほど先ほど紹介したミニハチェット より一回り大きいアイテムです。

薪の収集やシェルターの作成、キャンプ場での作業ほとんどに使用できます。

使用範囲も広く、軽量なためハルタホースの製品で最も人気の商品です。

全長 37.5cm
重量 805g

BAHCO(バーコ) キャンピングアックス

出典:BAHCO

オレンジの可愛らしいデザインが目を引くのが、BAHCO(バーコ)のキャンピングアックスです。

全長36cmで、握りやすくカーブした柄で使い勝手の良いアイテムです。

このアイテムの大きな特徴が価格の安さです。

2500〜3500円の価格帯で購入できるため、初めてハチェットを購入するという人におすすめのアイテムです。

全長 36cm
重量 640g

Helko(ヘルコ)

出典:Helko

Helkoのハチェットは刃幅の広い、伝統的なスタイルが特徴的です。

柄にはクラシカルな彫刻が施されており、エイジングも楽しめる逸品です。

長く大切に使って、味わいの変化を楽しみたい本格派の方にはおすすめのアイテムです。

全長 36cm
重量 800g

村の鍛冶屋 カービングアックス

出典:村の鍛冶屋

大きな刃が特徴的な和斧のハチェットです。

伝統工芸士が一つ一つ手作りした刃と、持ちやすさと耐久性を追求した樫の木の柄によって作られています。

伝統的な日本製の高い技術力が詰まったアイテムです。

全長 30cm
重量 615g

久八 曲がり柄馬斧(まがりえばきん)

出典:ストーブ市場

こちらも大きな刃が特徴的な和斧の曲がり柄馬斧(まがりえばきん)です。

全長は37cmと取り回しのしやすい大きさながらも、重量は800gあるため大きめの薪もしっかりと割ることができます。

扱いやすさと、力強さを兼ね備えたアイテムです。

全長 37cm
重量 800g

グレンスフォルシュブルーク ハンドハチェット

出典:TOKILABO

全長24.5cmと、小型でも存在感のある風合いで、薪作りや枝払いなど細かな作業に適しているハチェットです。

グレンスフォルシュブルークの長い歴史で培われてきた人間工学的な設計や細かな配慮が、その使いやすさを支えています。

常に腰に装着しながらキャンプを楽しみたい方には、この小型のハチェットがおすすめです。

全長 24.5cm
重量 600g

グレンスフォルシュブルーク ワイルドライフ

出典:TOKILABO

グレンスフォルシュブルークのハチェットの中で最も人気の高いアイテムがワイルドライフです。

全長34cm、重量600gで先ほど紹介した、ハンドハチェット よりも一回り大きいデザインです。

そのバランスのよさから、幅広いシーンに使用できる点が魅力です。

その洗練されたデザインはキャンプサイトをより一層本格的なものに演出します。

全長 34cm
重量 600g

モーラナイフ キャンピングアックス

出典:UPI OUTDOOR PRODUCTS 

最後にご紹介するのが、mora kinife(モーラナイフ)製のキャンピングアックスです。

スウェーデン生まれの老舗ナイフメーカーのモーラナイフが長年培ってきた技術を活かして生み出したアイテム。

モーラらしい柄のデザイン。

その使い勝手の良さと、安価な価格で購入できる点が魅力的です。

全長 32.2cm
重量 510g

 

ぴったりのハチェットを選んで、おしゃれで快適なキャンプライフを!

以上、キャンプで使えるハチェット10選!でした。

ハチェットといえども全長や重量、刃の形、柄の種類とアイテムによってそれぞれ個性があります。

あなたのキャンプスタイルにぴったりのハチェットを選んで、素敵なキャンプライフを送ってください!