moonlence(ムーンランス)焚き火台購入レビュー!1万円以下で購入できるおすすめ焚き火台!

今回は「moonlence焚き火台」を実際に購入したので、その性能を検証し紹介いたします。

このmoonlence焚き火台はsnowpeakの焚き火台と形状が似ているにもかかわらず、1万円以下で購入できるというアイテムです。

「moonlence焚き火台の品質は問題ない?」

そんな不安をお持ちの方は今回の記事をぜひ参考にしてください!

moonlence(ムーンランス)焚き火台のスペック

早速、moonlence焚き火台のスペックを詳しく紹介いたします。

セット内容

商品は持ち運び用のバッグに入れて届きます。

キャリーバッグの中には上の画像のようなセットが入っています。

灰受けやグリル、ロストルも付属しているためパーツ数は多くなっています。

組み立て方

①灰受けの上に本体を設置する

まず初めに灰受けの上に本体をセットします。

写真のように、灰受けに留め具がついており、4点でしっかりと固定することが出来ます。

②ロストルを本体の中に入れる

次にロストルを本体の中にセットします。

ロストルをつけることで、空気の通りを良くし、燃焼効率をあげる働きがあります。

③グリルと網を取り付けて完成

焚き火台のフチにグリルを取り付けて…

完成です!

部品数は多いものの、組み立て自体は初めてでも簡単に出来ました!

サイズ・重量

焚き火台のサイズは高さ34.5(グリルの高さ最大時×横36.3×奥36.6cmとなっています。

グリルの高さは引っ掛けるフックの位置を変えることで3段階の調整が可能となっています。

高さの調整に関しては、までは慣れる上手にフックを引っ掛けることが難しいかもしれません。

moonlence焚き火台の重量は7.7kgで、実際に持ってみると結構重量感があります。

その理由としては、灰受けやグリルもキャリーバッグにまとめて入っているからです。

あると非常に便利ですが、必要ないという方は、家に置いていけば非常に軽く持ち運ぶことが出来ます。

moonlence(ムーンランス)焚き火台を実際に使用してみた

次に、実際にmoonlence(ムーンランス)焚き火台を使用した様子を紹介いたします。

こちらが薪を組んだ様子です。

この商品に限ったことではないですが、薪を置く場所が平らではないため組むのが少し難しいように感じました。

また、こちらはMサイズの焚き火台なのですが、サイズがやや小さく、薪がはみ出してしまいます。

着火した様子がこちらです。

熱による曲がりなどの問題もなく、しっかりと焚き火を楽しむことが出来ました!

薪の周囲を鉄板が囲む構造になっているため、熱が中心に集まりやすく燃焼しやすいというメリットを感じることができました。

付属のグリルを使用すれば、キャンプ料理も楽しむことができます。

グリルは安定していて、広さも十分にあるためフライパンやメスティン も同時において使用することができるため、焚き火台で料理をしたいという方には非常におすすめです。

1点気になった点としては、焚き火台を使用中にグリルの高さを変えるのは難しいという点です。

火加減の調整を行いたい場合は、薪や炭の量を変更して調整することをおすすめいたします。

それ以外は気になった点はなく、グリルとしての使用は非常に優秀でした。

何度もキャンプに使用していますが、使用後の歪み等もありません。

価格が安いからと言って、特別品質が悪く壊れやすいということも無いようです。

ロストルの形状は網目状のタイプと比べると、通気性が低いように見えます。

使用して違いは感じませんでしたが、ロストルが網のタイプに比べると、燃えやすさに違いがあるのかもしれません。

その他、品質に関しては問題ないので、安心して購入されて大丈夫です!

【まとめ】やや重いのが気になるが、品質に問題なし!コスパで選ぶならmoonlence焚き火台!

以上、今回はmoonlence(ムーンランス)焚き火台のスペックや実際に使用した感想を紹介いたしました!

部品数が多いため重量が7.7kgと重たいのが気になりますが、使い勝手は優れているという感想になりました。

焚き火だけでなく、グリルを使用してキャンプ料理を楽しみたいという方にはおすすめです。

また、グリルが必要ない場合は、家に置いていけば軽量で持ち運びもしやすくなります。

また、この焚き火台の一番のメリットはコストパフォーマンスの良さです。

これだけのセット内容がありながら8,999円と1万円以下で購入することが出来ます。

国産のメーカーであれば、同じような形状で、グリル無しで2万円近くするため、ブランドにこだわらないのであればmoonlence焚き火台の購入をおすすめします。

実際に使用してみて、耐久性や品質も特に問題がなかったため、安心して購入することができます

価格も安く、焚き火の楽しみをさらに深めてくれるアイテムとなっていますので、焚き火台選びに悩んでいる方は是非参考にしてください!

合わせて読みたい!

今日は焚き火を楽しむ上でのポイント”薪の組み方”について検証していきたいと思います。 焚き火を上手に燃やすには、いくつかコツがあるんですが、薪の組み方しだいで、薪が長持ちしたり、火力が上がったりと、焚き火の燃え方が変わります[…]

合わせて読みたい!

今日は私が愛用しているユニフレームの焚き火台”薪グリル(レギュラー)”の使い勝手やオススメの点、気をつける点などを実際のキャンプ写真を添えて解説していきます。 購入検討中の方はぜひ参考にしてみてください。 初級キャンパ[…]

合わせて読みたい!

今日は最近目にするようになってきた 「タキビスト」 という言葉について、タキビストを自称するわたくしが、焚き火愛を込めて紹介したいと思います。 タキビストとは? タキビストというのは 「takibi」[…]