VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイス購入レビュー!

今回はVISIONPEAKS(ビジョンピークス)のレクタタープの購入レビューをいたします。

「ビジョンピークスのタープの品質や性能はどうなの?」

「レクタタープを実際に使用した感想を知りたい」

そんな方は是非今回の記事を参考にしてください。

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの魅力5点

まず始めに、VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの魅力5点を紹介いたします。

①大きくて広々としたスペース

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの大きな魅力の一つが「広々としたスペース」です。

タープサイズは縦430×横460cmと大きく、4〜5人で使用するのにちょうど良いほど、ゆとりのあるスペースを確保することができます。

上は実際に広げた様子の写真です。

タープ内の空間はかなり広々としていることがわかります。

これだけ大きなタープにかかわらず、収納時のサイズは縦35×横80cm、重量は約5.4kgで持ち運びの性能も優れています。

②ポリコットンで火の粉にも強い!

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの素材はポリコットン(ポリエステル+コットン)で、軽いだけでなく、ポリエステル100%と比較して、火の粉にも強い性質を持っています。

ファイヤプレイスという名の通り、タープ内でBBQや焚き火をすることも可能です。

日光や風を避けながら、快適にBBQや焚き火を楽しむことができます。

③ポールの建て方とロープの組み方でアレンジが可能!

ポールの建て方とロープの組み方を変えることで、様々なアレンジが可能となっています。

上の写真のようにサブポールを追加すると、タープ内の空間をより広く使うことができるようになります。

タープの端を下げることで、雨風を防いだり、プライベート感を出すこともできます。

このように、タープを使用する際の天候やシーンに合わせてアレンジを加えることができます。

④ベージュ生地がオシャレで様々なテントと相性が良い!

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスはベージュ生地でシンプルなデザインのため、様々なテントとも相性が良いです。

同メーカーのTCティピシェルターはもちろんのこと、人気のtent-MarkのサーカスTCとの相性も良いです。

ベージュ生地で、ツヤの無い質感が、本格的なキャンプの雰囲気を演出し、大人のキャンプ空間を作り出してくれます。

⑤コスパが良い

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスは価格が18,900円と、このサイズのタープにおいては比較的安価です。

他社のメーカーだと3万円近くするため、安価で高品質のタープをお探しの方には非常におすすめのモデルとなっています。

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスのセット内容

・タープ(本体)
・アルミペグ×12
・張りロープ(長)×2
・張りロープ(短)×8

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスのセット内容は上記の通りとなっています。

センターポールやサイドポールは別売りなので注意してください。

他社メーカーのレクタタープと比較してみた

次に、様々なメーカーにおいて、同程度のタープと比較してみました。

今回比較を行ったアイテムは下記の通りです。

・VISIONPEAKS:レクタタープファイヤプレイス
・tent-Mark:焚火 タープTCレクタ
・snow peak:HDタープ レクタ(L)

VISIONPEAKStent-Marksnow peak
大きさ430×460cm420×480cm440×500cm
重量5.4kg5.3kg5.0kg
生地の材質ポリコットンポリコットンポリエステル
価格18,900円26,800円34,800円
コスパ(1㎡あたりの価格)955.5円1329.4円1591.8円

比較を行った結果が上記の通りです。

重量に関しては、サイズが大きいにもかかわらずsnow peakのHDタープレクタ(L)が5.0kgと最も軽いことがわかりました。

これは素材が軽量なポリエステルであるためだと考えられます。

しかし、ポリエステルは火の粉に弱いため、焚き火を楽しみたい方はポリコットンであるVISIONPEAKSかtent-Markのタープをおすすめします。

最も注目して欲しいのが、価格とコスパです。

大きさに違いはあれど、VISIONPEAKS(ビジョンピークス)の価格が非常に安いことがわかります。

コスパを比較するために、タープの大きさ1㎡あたりの価格を計算すると、やはりVISIONPEAKS(ビジョンピークス)の製品が最も安いことがわかりました。

この比較結果より、価格を抑え、大きくて焚き火もできるようなタープをお探しの方は、VISONPEAKS(ビジョンピークス)のレクタタープファイヤプレイスが最もおすすめです。

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの設営の様子

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスのタープの設営は大きく3ステップに分けることができます。

Step.1 タープを地面に広げる

タープを平らな場所に広げ、センターポールと張りロープ(長)を写真のようにセティングします。

Step.2 センターポールを立ち上げる

センターポールをタープのウェッピングに通し、その上から張ロープ(長)の輪をかけて、センターポールを立ち上げます。

張ロープ(長)の長さを調節して、張りを持たせてセンターポールを固定します。

Step.3 タープの四隅を固定して、完成!

タープの四隅に張りロープ(短)の先端を結び、地面にペグを打って固定します。

張りロープ(短)の長さを調節し、タープにシワができないように張って完成です!

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスを実際に使用した感想

VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスを実際に使用した感想は「広い空間を確保でき、アレンジで使い勝手の幅が広くて便利」です。

また、実際に使用して感じたのはTC素材は遮光性が高く、夏場に使用すると涼しく快適に過ごすことができました。

生地が頑丈なので、風にも強いというメリットを感じることもできました。

気になった点としては、メリットの裏返しになりますが、少人数のキャンプではサイズが大きすぎることです。

写真のようにタープの中にテントを建てるという使い方であれば、少人数の使用でもちょうど良い大きさですが、それ以外の場合は4〜6人程度での使用に適したサイズです。

ファミリーやグループキャンプ向けのサイズで、少人数での使用は大きすぎるという印象を受けました。

【まとめ】レクタタープファイヤプレイスは価格が安く、大きくて、耐火性も優れたおすすめモデル!

以上、今回はVISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスのスペックとレビュー、他社メーカーとの比較を紹介いたしました。

これらの結果から、レクタタープファイヤプレイスは「格が安く、大きくて、耐火性も優れている」ということがわかりました。

安いからといて、品質が悪いわけではなく、実際に使用した感想としても使い勝手がよく、問題もありませんでした。

生地は丈夫で、遮光性も高く、夏場でも快適に過ごすことができます。

サイズは大きく、タープ内の空間が広く、サブポールを使用すればアレンジも可能です。

デザインも高級感があり、オシャレなテントサイトを作り出してくれるため、筆者も重宝しています。

安くて、性能が良くて、かっこいいタープをお探しの方は是非今回の記事を参考に、VISIONPEAKS(ビジョンピークス)レクタタープ ファイヤプレイスの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい!

今回はVISIONPEAKS(ビジョンピークス)のアカシアキッチンラックを購入レビューいたします! 実際に使用した感想を知りたい方や。キャンプで役立つオシャレなラックを探している方は是非参考にしてください。 VISIONPEA[…]

合わせて読みたい!

今回はVISIONPEAKS(ビジョンピークス)のおすすめギア10選を紹介いたします! 「VISIONPEAKS(ビジョンピークス)のおすすめアイテムを知りたい」 「オシャレで、機能性もコスパも良いキャンプギアを探している」 […]

合わせて読みたい!

今回は機能性・デザイン・コストパフォーマンスの良さで人気のVISIONPEAKS(ビジョンピークス)が販売する「ロールテーブルの購入レビュー」をいたします。 VISIONPEAKS(ビジョンピークス)のロールテーブルの購入を考えてい[…]

合わせて読みたい!

今回はVISIONPEAKS(ビジョンピークス)のワンポールテント「TCティピシェルター」を購入したので、その使い勝手や性能を徹底レビューいたします。 「TCティピシェルターを実際に使用した感想はどうなの?」 「サーカスTCと[…]