ワーケーションとは?ワーケーションに取り組む地域とおすすめの職業を紹介!

コロナの影響でリモートワークやテレワークの重要性が叫ばれる中、新たに「ワーケーション」という言葉が注目されるようになってきました。

今回は「ワーケーション」とは何か?

ワーケーションを実施している自治体や、ワーケーションに適した職業を公開いたします。

ワーケーションとは何か知りたい、将来的にそういった働き方をしたいと言う人は是非今回の記事を参考にしてください。

ワーケーションとは?

ワーケーションとは「英語のWORK(仕事)とVACATION(バケーション)とを組み合わせた造語」で、リゾート地や観光施設で休暇を取りながら仕事をすることです。

欧米でも使用されている言葉で、2005年頃から使われるようになった言葉です。

在宅勤務は家でのリモートワークを指しますが、ワーケーションはリゾートや観光地、旅先でのリモートワークのことを指します。

普段と異なる環境で仕事をすることで、業務の効率化やリフレッシュを狙った取組みです。

近年見られるワーケーションの動き

最近ではワーケーションを推進する自治体も現れています。

出典:信州リゾートテレワーク

長野県では信州ならではの解放感あふれるリゾート地に滞在し、休暇を楽しみながら働くスタイルとして信州リゾートテレワークを推進しています。

Wi-Fiやワークスペースといった環境が整った旅館やホテルを用意したり、その情報をMAPでまとめることで、ワーケーションの推進を図っています。

出典:和歌山ワーケーションプロジェクト

また、和歌山県では「WAKAYAMA WORKATION PROJECT」としてワーケーションを「価値創造ツール」と考え、非日常での活動を通したイノベーション(Innovation)創出の機会を提供できるような取組を勧めています。

ワーケーションに適した職業とは?難易度別に紹介

ワーケーションを実践してみたいけど仕事の仕組み上なかなか実現できない…そんな方も多いと思います。

そこで、ワーケーションに適した職業にはどのようなものがあるのかを以下にまとめました。

・Webライター
・動画編集者
・ブロガー
・Webデザイナー
・プログラマー
・Webライター
・広告運用

難易度:☆★★「Webライター」

誰でも始めやすく、すぐに収入に繋げられるのがWebライターです。

難しいスキルは必要なく、最低限の文章力さえあれば始めることができます。

最近ではクラウドワークスなどで簡単にライターの仕事を見つけることができるので、参入のハードルが低いのも大きな魅力です。

また、ブログとの相性も良いため、自身のブログで稼げるようになるまではWebライターで稼ぐと言う方法もおすすめです。

デメリットとしては初めは仕事の単価が安いと言う点です。

1文字1円にも満たない価格の案件もあるため、たくさん書いてもあまり稼げないと言うこともあります。

有名なライターにならない限りは文字単価が良くても2〜3円程度なので、月に稼げる額も限られます。

Webライター1本で稼ぐと言うよりも、他の仕事と複合的に行うことをおすすめいたします。

難易度:☆★★「動画編集者」

最近ではYoutubeの人気から「動画編集者」の仕事の需要がとても高まっています。

基本的にはパソコンの編集ソフトで完結する仕事なので、ワーケーションに適していると言えます。

高度な編集スキルを求められる仕事もありますが、案件によっては動画を切って文字を入れる程度のものもあるので、比較的始めやすい仕事となっています。

また、クラウドワークスなどを利用すれば仕事を見つけやすいと言うメリットもあります。

デメリットとしてはスペックの高いパソコンや編集ソフトなど初期投資がある程度かかる、編集スキルを学ぶ必要があるといった点です。

5Gの普及によってさらに需要が高まると予想される職業なので、身につけておいて損はないスキルです。

動画編集を学ぶ場としては下記バナーのデジタルハリウッドがおすすめです↓↓↓

難易度:☆☆★「ブロガー」

ブロガーはサイトにアクセスを集め、そこから発生する広告収入で生活する職業です。

主にパソコンで記事を作成する仕事なのでWi-Fiさえあればどこでも仕事ができる働き方です。

自分の好きな分野に関するコンテンツを作ることができ、自身のサイトを作ってしまえば、誰でも始められる手軽さが大きな魅力です。

デメリットとしてはブログで稼げるようになるまでに時間がかかる点やアクセスを集めるのにスキルが必要という点です。

初期投資もかからず手軽に始められるので、将来的に場所に縛られず働きたい方はまずはブログから始めてみるのも良いかもしれません。

ブログで広告収入を得るためには、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)への登録が必須です。

特にASPの大手であるA8.netは登録無料で広告の案件数も多いので、登録必須のASPとなっています。

ブログで稼ぐための一歩を踏み出したい方はまずはASPに登録してみることをおすすめいたします。

A8.netの詳しい情報は下記のバナーをご覧ください↓↓↓

難易度:☆☆★「Webデザイナー」

Webデザイナーもワーケーションに適した仕事の一つと言えます。

Webデザイナーのメリットとしては需要があるため、スキルを身につければ仕事に困らないと言う点が挙げられます。

一方デメリットとしてはCSSや HTMLといったプログラミング言語のスキルが必須な点です。

パソコンの知識がない方にとってはややハードルが高いように感じますが、現在ではプログラミングを体系的に学べるサービスもあるため、そちらを利用してスキルを身に着けることをおすすめいたします。

Webデザインを学ぶにはデザイン系が強いデジタルハリウッドがおすすめです↓↓↓

14:13

難易度:☆☆☆「プログラマー」

プログラマーは需要も高く、スキルを身につければしっかりと稼げて仕事にも困らない職業です。

比較的場所に縛られない仕事なのでワーケーションにも向いています。

こちらもWebデザインと同様にプログラミングスキルの習得が必須になりますが、現在は無料で学ぶこともできるサービスが充実しているので、まずは勉強してみることをおすすめいたします。

プログラミングを学ぶことができるサービスで人気なのが下記のバナーのテックアカデミーです↓↓↓

難易度:☆☆☆「広告運用」

ワーケーションに適した仕事としては広告運用も挙げられます。

広告運用のメリットとしては、ブログなどと比較すると短期間で稼げることが挙げられます。

デメリットとしては完全に成果主義な点や、スキルを学べる場所が少ない、仕事見つけてくるのが大変といったものが挙げられます。

ブログを通してWebマーケティングや広告の知識を身につけてから広告運用の仕事を始める方が多いようです。

【まとめ】ワーケーションを実現させるにはパソコンでのスキルがポイント!

今回はワーケーションとは何か?

また、ワーケーションを行っている自治体や、適した職業をまとめて紹介いたしました。

今回紹介した場所以外にもワーケーションを推進している地域があるので、自身が行きたい場所を検索してみるのも良いと思います。

ワーケーションに適した職業をみると、共通しているのは「パソコンがあれば完結する仕事」ということがわかります。

今後、多様な働き方をする上では「場所に縛られないパソコンを使った仕事」がポイントとなってきます。

将来的にワーケーションを取り入れた働き方をしたい方は副業でも良いので今回紹介した職業のうち、難易度の低いものから初めてみるのも良いかもしれません。

コロナの影響で働き方の常識が変わった今、将来を見据えて新たなスキルを身につけてみるのはいかがでしょうか?